読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代のおすすめ化粧品と大人のきれいを作る美肌習慣

鏡に映る自分を好きになりたい。ほどほどにきれいになりたい。エイジングケアが気になる時間がない大人の年齢化粧品と美肌習慣をご紹介します。

水素水を選ぶときは溶存量に気を付けて!ppmとppb水素濃度の単位に注意しよう!

http://www.flickr.com/photos/74078334@N08/8102596979

photo by Dirklaudio

水素水を販売しているメーカーのサイト以外でも勉強をして、水素に関する知識に少し自信が持てるようになりました。

何気なく見ていた水素水のサイトでも水素溶存量の単位が違うことに気づきました。

ppmで表示されている商品ばかりだと思っていたらppbで表示されていることも。

あなたは単位の違いに気づきましたか?
普通の一般ユーザーは溶存量の単位まで注意しませんよね。長さの単位だとメートルとミリメートルぐらいの違いがあるのでしっかりチェックしましょう!

 

ppmとppbで溶存量の違いはどれくらい?

水中に含まれる濃度を示す単位です。

  • ppmはpart per millionの略で100万分の1
  • ppbはpart per billionの略で10億分の1

1ppm=1000ppbです。

ppmの単位のほうがppbより大きい、より濃い濃度ということになりますね。

表示する単位が統一されていないので含有量が少ない商品にはわざとppbで表記して多く見せかけている場合があります。

例えば、300ppbと書かれていると数字だけを見るので多く感じますよね。
300ppbは0.3ppmなので実際は少ないですね。

ぜんぜん違いますよね!紛らわしいから統一してほしいですね(-_-メ)

 

どれくらいの水素濃度の水素水を選んだらいいの?

太田教授の書籍では0.8ppm以上が望ましいとのこと。この数字は太田教授の体験や実験研究を元にしている数字です。水素は抜けていきますので1ppm以上の高濃度な水素水がおすすめです。

 

低濃度の水素水は効果がないのでしょうか?

効果の現れ方は個々によって違いますので低濃度でも実感する人はいるかと思います。ですが、低濃度では効果を実感できない人もたくさんいることでしょう。低濃度では効果を実感できない人がたくさんいるので「水素水はトンデモ科学」と言われる所以ではないでしょうか。

効果を実感しやすいのはやはり0.8ppm以上、1ppm以上の高濃度な水素水です。

 

まとめ

ppbはppmより小さい単位です。

1ppm=1000ppb

数字を大きく見せるためにわざとppbを使っている商品もありますので水素水の商品選びの際にはご注意くださいね。

水素濃度は0.8ppm以上もしくは1ppm以上が望ましいです。

水素の濃度が高くても不要な水素は呼気から体の外へ排出されますので副作用は心配ありません。高濃度の水素を摂取することでガツンと細胞に働きかけます。正しい水素水選びで水素の効果を実感する一人になりたいですね!

 

◆こちらの記事でおすすめの水素水を紹介しています。

40-cosme.hateblo.jp

 

◆水素についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめ

40-cosme.hateblo.jp

 

以上、「水素水を選ぶときは溶存量に気を付けて!ppmとppb水素濃度の単位に注意しよう!」でした(^^)/