読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代のおすすめ化粧品と大人のきれいを作る美肌習慣

鏡に映る自分を好きになりたい。ほどほどにきれいになりたい。エイジングケアが気になる時間がない大人の年齢化粧品と美肌習慣をご紹介します。

おでこのブツブツ、髪が顔に触れるだけで痒いフェイスラインの悩み。敏感肌の原因と対策は?

 

 

前髪がおでこにかかるだけで痒い。髪の毛が顔に触れるだけで痒いってことありますよね。

私もそんな時期がありました。その時は前髪も髪に触らないようにピンで留めて、フェイスラインに髪がかからないように後ろでしっかりと結んでいました。それでも垂れてくる髪はピンでピシッと留めて、女性らしさもなにもありません(涙)

でも、女性らしさよりも髪の毛が顔に触れるとどうしても痒くなるし、額や頬から顎にかけてのラインに吹き出物は出来るしで仕方がないと諦めていました。

そんな敏感肌の悩みを抱えている女性は多いですね。

敏感肌におすすめな化粧品>>敏感肌を外側からも内側からも整える、女性ホルモン着目化粧品

 

敏感肌の原因は肌のバリア機能の低下

肌のバリア機能の低下には2つの原因が考えられます。それは乾燥と女性ホルモンの乱れ。

肌の乾燥

紫外線や大気汚染などの外部的要因や睡眠不足や疲れなどの内因的要因が引き金になって肌の皮脂量と水分量のバランスが崩れ、肌内部の水分がどんどん蒸発していき肌が乾燥します。乾燥すると肌の痒みを引き起こしたりします。

季節の変わり目やホルモンの影響で肌が乾燥し肌のバリア機能が低下しているのが原因と考えられます。

肌のうるおいを保つことが大事ですね。

女性ホルモンの乱れ

特に女性ホルモンの乱れは肌に大きく影響します。暴飲暴食や睡眠不足などの不規則な生活や過度なダイエット、働き過ぎで慢性的な疲れ、ストレスなどで女性ホルモンの分泌が不安定になります。

肌の表面は抗菌ペプチドのいう菌に守られていますが、女性ホルモンの一つである黄体ホルモンが抗菌ペプチドを抑制することがわかっています。

抗菌ペプチドがうまく働かないと肌のバリア機能が低下しニキビの原因菌のアクネ菌が入り込み大人ニキビの原因にもなっているのです。

女性ホルモンを整えることが大事ですね。

 

 

女性ホルモンの乱れは実感しずらい

私が顔に髪が振れるだけで痒かった時期を振り返ると女性ホルモンが乱れたいたのかもしれないと思います。

生理は毎月あったのですが、その頃は妊娠を希望していたので排卵日検査薬を使っていました。第二子を授かった時には排卵日検査薬のスティックにもはっきりと色がついていましたが、その頃は色もあいまいで排卵しているのかどうかわかりずらい日々が続いていました。

年齢が原因かと考えていましたが、育児に家事、毎日続く残業や人間関係でかなりのストレスを抱えていました。

食事もあまり褒められた内容ではなく、ストレス・食事・寝てもとれない疲れなど女性ホルモンが乱れていたのだと思います。

あの頃の私の敏感肌の原因は女性ホルモンの乱れが原因ですね。

 

敏感肌を改善する対策は?

原因がわかっても改善する方法がないと辛いですよね。

乾燥が原因で肌のバリア機能が低下しているのなら、生活習慣やスキンケア商品の見直すだけでも改善する場合がありますよね。女性ホルモンの乱れが原因なら原因を除去することはすぐには難しいですが、抗菌ペプチドの増加を働きかけることで肌のバリア機能を高めることができます。

抗菌ペプチドの量を増やすことがポイント!

 

あなたの敏感肌は女性ホルモンの乱れ・角質層の乾燥・バリア機能の低下がもしかして原因かも。この3つの原因に心当たりがあるのなら、女性ホルモンに着目したラ・ミューテ化粧品をスキンケアを使ってみてほしい。

洗顔フォーム・化粧水・美容液の3点セットが初回半額で試せるキャンペーン実施中です。送料無料180日間の返金保証まであるのでぜひ公式サイトで詳細をチェックしてみてくださいね!

公式サイト>>敏感肌を外側からも内側からも整える、女性ホルモン着目化粧品

以上、「おでこのブツブツ、髪が顔に触れるだけで痒いフェイスラインの悩み。敏感肌の原因と対策は?」 でした(^^)/